レンタルサーバーを比較して学べるブログのmainイメージ

レンタルサーバーとクラウドサービス

ビジネスには欠かせなくなったウェブサイトですが、ウェブサイトを立ち上げる上での基盤となるのがインフラ選びです。

今までは、レンタルサーバーが主に用いられていましたが、近年よく耳にするようになったクラウドサービスへの移行を考え始めているいる人もいるようです。

通常、ビジネスで利用されるレンタールサーバーは、1社が1つのサーバーを専用して利用できる専用サーバーですが、この専用サーバーとクラウドサーバーの違いや特長をしっかりと比較検討してから、決めても遅くはないでしょう。

専用サーバーの特徴は、高い処理能力をもち、トラブルが起きても解決しやすいということです。

また仮想化されているクラウドサーバーと比較して、サーバーの性能や障害ポイントが明確であり、他の機能の導入がしやすい、そして他のユーザーから影響を受けないということがメリットです。

仮想化された環境のクラウドサービスは、監視機能から構成変更に至るまで、すべてオンラインを介して行なわれるため、自由度が高いというのが特徴となっています。

サービスを拡大したり、縮小するのも、サーバーの性能を変更、追加したり、スペックを変更するのも、いつでも自由にできるのがメリットです。

しかし、リソースが共用されることから、専用サーバーと比較すると、他のユーザーからの影響を避けることは難しくなります。

費用を比較してみると、専用サーバーはレンタルサーバーですから、月額固定料金を支払うこととなります。

一方のクラウドサービスは、低価格でのスタートとなっていますが、従量課金制が導入されているので、利用状況によっては、レンタルサーバーよりも高くつくことになるでしょう。

▼参考:http://www.keikakuhiroba.net/showcase/bpos/02.html

Google
www を検索 レンタルサーバーを比較して学べるブログを検索