キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 エラーがでにくいかどうかも比較ポイント : レンタルサーバーを比較して学べるブログ
レンタルサーバーを比較して学べるブログのmainイメージ

エラーがでにくいかどうかも比較ポイント

レンタルサーバーを比較する際のポイントの1に入れておきたいのが、エラーの出にくいサーバーであるかどうかということです。

集客をウェブサイトに大きく頼っているのであれば、エラーが多いことが、収益減へと繋がってしまう原因にもなりかねません。

特に重点を置いて比較したいのが、503エラーがでやすい環境であるかどうかです。

この503エラーは、アクセス数と関連しており、急激にソーシャルメディアからのアクセス数が跳ね上がると、エラーが発生してウェブサイトへのアクセスが不可能となり、見ることができなくなってしまうのです。

サーバーが処理できるアクセス数の限界を超えてしまうことが原因で、処理ができなくなった時点でウェブサイトがフリーズし、エラーという形であらわれます。

これでは、せっかく多くのアクセス数があるのに、ウェブサイトが見られないのでは、ウェブサイトでマーケットを行なう意味がなくなってしまいます。

また、アクセス数がそれほど多くなくても、ウェブサイトが複雑な構造な為、アクセスに対しての処理能力がすぐに落ちたり、サーバー側から設定された限界値が低く、すぐに限界を超えてしまったりなどという場合も、同じようにウェブサイトがフリーズすることとなります。

解決策としては、サーバーへの負荷を減らす為にウェブサイトの構造を調整する、より質が高く、限界値が高い共用レンタルサーバーへと切り替える、そして共用サーバーから専用サーバーへと移行するなどがあります。

Google
www を検索 レンタルサーバーを比較して学べるブログを検索