キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 レンタルサーバーの料金設定の違い : レンタルサーバーを比較して学べるブログ
レンタルサーバーを比較して学べるブログのmainイメージ

レンタルサーバーの料金設定の違い

レンタルサーバー会社を選ぶ過程で、ほぼ皆が比較をするポイントであると言ってもいいのが、料金設定でしょう。

そして、レンタル料金の比較をし始めて気づくのが、レンタルサーバー会社のよって、料金設定が異なっているというという点です。

安いところでは、100円程度ですが、高いところですと5000円と、かなり幅広い料金設定がされているのです。

一般的にレンタルサーバーの料金の違いに大きく反映されている要素は、一般的にはサーバーの環境、ユーザー数、容量、そして機能といった4つのポイントだと言われています。

1つめのサーバーの環境とは、サーバー自体の性能のことで、グレードの高く高性能の環境のサーバーですと、レンタル料金も高く設定されているのです。

2つめのユーザー数は、何人のユーザーが1台のサーバーを共有するのかがポイントとなり、多くの人と共有することでレンタルサーバー会社がコストを抑えることができるので、より低料金でサービスを提供することができるという訳です。

もちろん、安い料金は利用者にとって魅力的ですが、ユーザー数が多いと、他のユーザーの影響を受けやすくなったり、より負荷がかかったりといったデメリットも生まれてきます。

3つめの容量は大きければ、もちろん料金は高くなり、4つめの機能は、メール機能を初めとし、さまざまなサービス面の充実度が付加価値となり料金が高めになっているのです。

これらの、料金に反映されているポイントもしっかりと比較することで、より自分に適したレンタルサーバーを見つけることができるでしょう。

Google
www を検索 レンタルサーバーを比較して学べるブログを検索